瞑想を習慣化したいなら、瞑想座布団を買うと良い

 

masa
最近、瞑想を習慣化して早々1年6ヶ月が経過しました。

 

毎日夕方に30分程度ボーっとすればいいって記事を書かせていただいておりましたが、

その際にMasaが取り入れているのが瞑想習慣なんです。

momoko
Momokoもマインドフルネス始めてからは、座布団がないか探してたのよね~。

そんな中、瞑想習慣を継続する上で必要だろって思うのが座布団

 

1年半ほど継続できたのも、たまたま家に座布団があったからでして

とはいえ、瞑想用座布団があるとは夢に思っていなかったんですが、あるということで記事にしてみました。

 

瞑想習慣を継続する為に必要な要素

 

  • 外部刺激がない(家族から声をかけられない、1人で部屋にこもれるスペースが欲しい)

 

  • 姿勢維持がしやすい環境(座布団、マット)

 

  • 継続する為の仕組み(瞑想時間の計測、SNSを通じての記録)

 

外部刺激がない(家族から声をかけられない、1人でこもれるスペース)

room

瞑想を継続する上で外部刺激がないってのはかなり重要です

マイクロソフトの社員を対象にした(調査)によると、
電子メールで業務が中断された後に、集中力を取り戻すまでに平均して11分20秒がかかることが分かったそうな。

 

つまり、集中する際に声をかけられてしまうと、11分無駄にする事に等しいわけです。

 

Masaの場合、集中する為に電車の中で立ったまま瞑想するか、

家で瞑想する場合は車の中か、ひとりでこもれる部屋で集中して30分タイマーを設置してます。

 

姿勢維持がしやすい環境(座布団、マット)

 

瞑想用の座布団の何がいいかって、良い姿勢を維持しやすくなるので、瞑想をしていても疲れにくいんですな。

 

姿勢が悪いと、空気の出入りが悪くなってしまうのでリラックス効果も軽減されてしまいがち。

仕事の日なんかは、Masaの場合電車帰りにたちながら瞑想する事もしばしばあるんですが、

外出しない場合なんかは基本部屋にこもっての瞑想であります。

 

瞑想用の座布団を探してみましたが、滝田商店ブランドの座布団がよさそう。

 

滝田商店ブランド 座禅布団(座布) 綿 9寸(直径27cm)

公式サイトはこちら

この座布団何がいいかって、とにかく姿勢維持が大変しやすい為、継続して瞑想ができるんですな。

 

 

masa
値段は4000円程度か、これくらいなら買ってみるかな~。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です