科学的に理想の買い物をするには、欲しい物メモを財布に入れると良い

momoko
つい自分が欲しいと思えるアイテムを購入しようと思っても、すぐにいらない物を購入しちゃうのよね

ねぇ、Masa!

自分が欲しいと思えるアイテムを購入する為に、どうすればいいのかしら?

masa
そうだな、行動経済学的にアプローチをするとすれば、

欲しい物をイメージするきっかけをつくればいいんじゃないかな?

 

欲しい物を3つ書く

以前に、トリガー(視点)を増やすと行動が変わるという記事を書いたとおり、キューを増やす事で人の行動は変わりやすくなることが分かってるんですな。

そこで、Masaが普段から取り入れているのが欲しいものリスト+欲しい物の写真を財布に入れるってテクニック。

 

まずは、今自分が心から欲しいと思っているアイテムをリスト化します。

そのために、紙でもEvernoteでもいいので、ほしい物をひたすらPick upして行きます。

 

Masaの場合でしたらプロフィールにあるとおり、例えば以下のアイテムが欲しいのです。

  1. ルンバ、ブラーバ380j、空気清浄機(自動拭き掃除械:シックハウス対策としてかなり有効)
  2. Awair 空気品質モニタ― 計測器
  3. モーションセンサー自動点灯(近づくと自動)

私の場合、手書きよりも電子派なので(行動しやすいってだけで、科学的には手書きの方がいいですよ)、

googleスケジュールに欲しい物リストを作成して、ほしいものをカテゴリー分けして管理しております。

 

「値段と一緒に」3つ欲しいものをチョイス

3つ選ぶ際に注意して欲しいのは、金額をそれぞれ設けるってところ。

例えば、

①3ヶ月くらいの貯金で買えるもの

②半年の貯金で買えるもの

③年以上の貯金で買えるもの

 

その3つに対して、ほしい物程、高くて時間がかかるようにします。

①モーションセンサー自動点灯:4000円 (電気の自動化ができる為)

②Awair:20000 (空気の数値化によってモチベーションアップ、快眠につながる為)

③ルンバ:60000 (掃除の自動化による将来の為の時間が増える為)

今我慢すれば、将来最高の未来が待っていると思えるきっかけになります。
そのうち、はマイホームやレクサス(高級車)なんかを書き込んで、高いアイテムを記入するのもオススメ。

とはいえ、必ず一番上には安くて購入できるアイテムをあえてチョイスしましょう。
挫折したら意味がありませんからね。

 

小さめの写真を入れておく

ほしいものが3つ決まったら、小さめの写真を財布に入れておきましょう。

オススメはどんどんプリント。

公式サイトはこちら

ここの何がすばらしいかっていうと、ネットで手続きできるのはもちろん、値段がかなりリーズナブルなんですな。

Masaも定期的に写真を依頼しておりますが、ここで何度写真を依頼したことやら。

 

masa
ぜひ、財布に写真と欲しい物メモをいれて置いてください。

貯金金額が上がる可能性がかなり高まります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です