深く考えて行動できる大人になる為には、問題意識が大切?

momoko
ねぇ、仕事で認められる人って物事を深く考えられる人だと思うのよね~。

でも現状、なかなか浅はかな考え方をしてるって指摘をされる事があるのよ。

ねぇ、Masa!

物事を深く考えられる人に成るためにはどうすればいいのかな?

masa
そうだね、日頃から問題意識を持っていないから、深く考えて解答できないんじゃないかな?
momoko
問題意識って何なの?

 

問題意識を持つ人が深く考えて解答できる

仕事が出来る人は、深く考えてから回答できる人ってよく言われます。

例えば、上司から「お客様への提案方法をどうすれば改善できるのか?」と開かれても、

A:サービスの知識をもっと知る事ですかね?と答える社員と、

B:過去にこういう成功例がある。だからこそ、当店もその方法アレンジして提案すればいいって即答で話す社員がいれば、上司は後者を評価しがち。

masa
なぜAとBに違い出たのかな?

 

おそらくAはこういうだろう。俺は一生懸命頑張っているのに評価されない。

そのうち、上司が悪い、通勤時間が長いから勉強できない

なんていいだすよ

momoko
そうね~、やっぱり、日頃から問題意識を持って仕事をしてきたのかで違いが出てくるのかな?

例えば、

 

①自分はなぜその仕事をするのか?、

②どのように人生を生きたいのか?

までさかのぼって考えないと根本的な解決策は出てこないって上司からよく言われてる。

 

どうやれば問題意識を持てるようになるのか?

では、どうすれば問題意識を持って、深く考えて行動できる人間になれるかというと、

①人生の目的を明確にする。

②今の仕事をする理由を明確にする

 

そこまで出来て、現在の仕事内容について問題意識を明確にしていく。

例えば、人生の目的は自己成長、知識を通じた他者への貢献なんてのを書いてたら、

その為に、今の仕事をする理由は、より自己成長をする為にもより良い内容をお客様にご提案したい

そのためには、安定企業よりもベンチャー企業、チャレンジ精神が多い会社がいい。

さらに、安定した人間関係より、より自己成長ができる会社がいい。

 

そのためにも営業スキルを磨く為にはどうすればいいのか?って掘り下げて行く。

結果、目標を達成する事ができるほど、より男性として魅力的にもなれて、かっこいい大人になれるって感じ。

momoko
要は問題定義と、どこまで自分で掘り下げていけるか?って所が大切なのね~。
masa
ここまで、①人生の目的と、②今この仕事をする理由を明確にしたら、次にする事は仕事の理想像の構築に入るよ。

 

結果を出せる仕事の理想像の構築手順

①自分の現在の仕事の理想像を明確にする

例えば営業なら、心理学の知識の最大化、ポジティブ思考、提案する商品のメリットを探す癖、自己効力感の最大化、商品知識、問題意識の構築、マーケティングスキル、体力等かな??

 

②その理想に対して、現状の改善すべき点を明確にする。

心理学を学ぶ為に専門書を買う。友達とロープレを行う。ポジティブになる為にヨガを始める ・・・etc

 

③その内容を意識して、仕事における目標を意識して後は計画。

この手順を1週間に1度行って、現状は開くと改善まで思考をめぐらせば
深く考えて行動ができる人間になれるだろう。

とはいえ、科学的に見ても、CEOや上場企業の社長ほど、目的意識が強く、会社の為に休日も仕事を意識している人が多いのは、間違いないかと。

良い仕事ができるようになりたいといいながら、休日に仕事のスイッチをOFFにしている。でも、それでは、より良いビジネスマンにはなれないよね。

やっぱり人生において、仕事第一ってのは間違っていないかと。

masa
俺も、もう少し仕事に打ち込まないとなぁ・・・

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です