ボーっとする時間を意識的に作った方がいいって研究

 

momoko
最近仕事が忙しすぎる~

やる事がいっぱいでこなして行かなければならないけど、

1日の終わりになったらいつもクタクタなのよね~。

何かいい方法はないのかな、教えてMasa!

 

masa
そうだね~、大事なのはボーっとする時間を作る事じゃないかな?

 

仕事が忙しくなるほど、ボーっとする時間は必要って研究

イリノイ大学のアーバナ・シャンペーン校とジョージ・メーソン大学の研究者が今年発表した(研究)では、

約100人の韓国の事務所労働者が約10営業日の日記を調査。

作業休憩中に彼らが何をしたのか、どのような事が効果的だったのかを調べたんですな。

被験者は最終的に、彼らが一日の終わりにどのくらい疲れているかを答えてくれました。

 

どのような休憩方法があったかというと

  • ボーっとする
  • ストレッチをする
  • コーヒーを飲む
  • 同僚との会話、
  • 新聞を読む
  • 読書
  • 電子メールを見る
  • スマホやPCでWebサイトのチェック

その結果、ボーっとしたり、コーヒーを飲んだり、同僚との会話をした場合は、集中力が回復したそうな。

新聞、毒素、電子メールやスマホ、PCでのWebサイトをすると、働いているときと同じくらい精神的に疲れてしまったそうな。

 

 

研究者曰く、我々は想像以上に、日常生活の中でタスクをこなしているとの事。

しかし、あまりに多くの人が忙しい時に休憩を取らない事が多いが、忙しい時ほど休憩はこまめに取った方がよく、

休憩を取る為には、ソーシャルブレイク(ネットを遮断)し、ボーっととする時間が必要との事。

momoko
え~っ、休憩時間にスマホを見ると、逆に疲れちゃうのね!
masa
そこで、研究者も言っていたようにこまめな休息が必要なんだ!

 

ポモドーロテクニックとボーっとする時間を作ったほうがいい

以前に、ポモドーロテクニックの記事を書いたのを覚えておりますが、この研究からもやはりこまめな休息を意図的に取った方が良いみたい。

ポモドーロテクニックは25分、5分と短い時間を休憩に使うテクニックですが、これがまた結構オススメ。

Masa自身もライターとして記事を書く事もありますが、やはりタイマーで15分3分の休憩をとった方が、リラックス度が高かったのは身にしみて感じております。

 

masa
忙しい時ほど、こまめな休息をとった方がいいって事だから意識して取り入れたい習慣だよね。

でも、知識として持っていてもどうしても忙しくなると、一気にやりたくなるのが人の感情。

このタイマーは本当にオススメ。私がデザイナー時代に欲しかったアイテムなので、是非取り入れてみてね

 

 

朝と夜にボーっとする時間を取り入れて見ると良い

今回の論文の研究から、どのようにすれば日々を少しワンダフルライフに出来るのか?

私自身が思うに、朝と夜に意図的にボーっとする時間を取り入れるってテクニック。

私の場合、ボーっとするのではなく、ひたすらマインドフルネスを30分やるってタスクをgoogleスケジュールにて課しております。

1年半続けてきて思うのは、本当にやってよかったって感じ。

1日の最後って大抵、動画やweb検索してしまうんですがこれを取り入れてからは仕事終わりでもゲームする回数が減って、読書や研究論文などにまわせるようになりました。

自分を変えれたって気分になれるので、自己嫌悪に陥っている人なんかオススメかも。

momoko
私も朝と夕方にボーっとする時間を作って見ようかな?

 

ボーっとする習慣化を作る為には、休憩用スペースを作ると良い!

そうだね、お金もかからないし、日々の集中力や寝つきも良くなるので本当~にオススメ!

とはいえ、休憩できる環境を作らないとなかなか誘惑に負けてタスク化出来ません(Masaも経験済み)

オススメはタイマーが目に見える場所に置いて、休憩しやすい環境作りを行うと良いだろう。

Masaの場合、瞑想用の座布団をおき、下に木目調のマットを敷いて瞑想用(ぼ~っとできる用)のスペースを作ってます。さらにはスマホも玄関で充電したりと結構頭使ってなんとか習慣化できるレベル。

masa
皆さんも休憩用スペースは、1日休日使ってでも、頭を使って考えて見てほしい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です