科学的にはTODOリストで管理しない方が良いって研究

momoko
最近、私の周りで仕事の効率化ツールとして、付箋やTODOリストを使用する人が多いのよね。

Masaも付箋やTodoリストでタスク管理してるの?

masa
いや、僕はTodoリストは使わない主義なんだ。

実は、Todoリストは41%は永遠に終わらないって実験データもあるし、全体の50%は1日以内に終わるって研究も出ているからね。

 

TODOリストのほとんどはすぐに終わるので使用するな

実験)では、日常的に使用しているTODOリストについて調査を行ったんですな。

その結果、

TODOタスク化した目標の41%は、永遠に未完成だった。

1日以内に50%タスクは完了した。

1時間以内に18%は完了した。

このデータから何をいえるかと言うと、日々タスク化する事で満足してしまって、やらなければならない事から逃げてしまうんです。

消化するにつれて、俺は今日こんけのタスクを完了させる事ができた。だから、この後は遊べばいい。

と言う風に自己満足の世界で終わってしまう。

さらに、やばいのは、41%は永久に終わらないってところ。

momoko
41%はタスク化しても終わらないのかぁ、TODOリスト化する意味が無いね。

じゃあ、どうやってタスク管理を行っていけばいいのかな?

 

そこで重要なのが①スケジュール帳を使う事と、②ToDoリストではなく習慣リストを使うという事が重要だ!

スケジュール帳はネットの方が良い

Personal computer schedule

具体的にどうやってスケジュール帳で管理していくのかと言うと、私の個人的体験談からいうと、手書きよりもネットの方をおススメする。

 

その理由は、

  1. 手帳の場合、家に忘れてしまう可能性があるが、携帯電話は忘れる事は無い。
  2. タスクスケジュールを書き込む手間が少なくて済むので、習慣化把握しやすい。
  3. 紙がなくなった場合、手帳だと使用する事ができないが、ネットだと無限に情報を書き込める。

そこで、TODOリストを使わない時間管理において重要な事を3つ挙げていこう。

 

やるべき優先順位を整える

importance

その日やら無ければいけないタスクを書き出した後は、その日の優先順位を決めていく。

例えば、好きな本を2時間かかるという予測があれば、この本の200/8=16P進めるという具合に細分化。

こうすることで、重要タスク以外に時間を使う可能性もなくなるんだ。

 

習慣リストを作成

このリストには毎日続けなければならない事を書き出します。

毎日習慣化するわけですから、大事な事ではない事に関しては書き出す必要はありません。

ここで重要なのは、いつ、どこで、何を、どのように行うのか明確化する事です。

これを書かないと、まず実行しなくなるので、書き出した後は必ずスケジュール化しましょう。

 

タイムスケジュールは30分単位で設定せよ!

例えばスケジュールは以下のように設定する

5:00 起床して朝ごはん

5:30 チューブトレーニングと瞑想15分

6:00 マクドナルドへ行く

このように時間を自ら決めて書き込み、行動詳細はそのタスク内に書き込む。

僕は色々試した結果、時間を30分単位で計画して、スケジュール化を行っているよ。

あまりに時間がかかりすぎてしまうものに関しては、30分単位で細分化していく。

僕が使っているのはgoogleスケジュールなんだけど、このタスク管理だと最小が30分しか使用できないからね。

このメソッドの事をタイムブロッキングって呼ぶんだ。

 

momoko
Todoリストとは違って、やらないといけないと言う未来へのストレス(反芻思考)が無くなり、やるべき事が明確にわかるようになるので、モチベーションもあがるね。
masa
そうだね、僕も15分単位で習慣化リストを見直そうと思う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です