床拭きロボットブラーバ380jでシックハウス対策できる件

blava380j

シックハウス症候群対策の記事を読んで、私の周りでも反響が起きております。

お問い合わせがあったのが、ブラーバ380Jについて教えて欲しいとのこと。

masa
お問い合わせにて質問を頂きましたので、せっかくのなので記事に採用しました。(笑)
momoko
ブラーバってそもそも何なの?

 

アイロボット 床拭きロボット ブラーバ380jとは?

blava380j⇒「公式サイト

 

まず、このブラーバ380jの機器の最大の特徴は、自動的に床の汚れを掃除してくれるってところ。

 

この前にシックハウス対策で必須条件だった、水拭きを自動でやってくれます。

masa
この機会のいいところが、寝ている間動いていても、音がほとんどしないんですな。

値段は30000円少し超えるぐらい。

うーむ、個人的に掃除って自動化したいってのが本音なので、一人暮らしなら間違いなく買いですな。

 

ブラーバ380Jの性能については、公式サイトに任せるとして、

シックハウス症候群対策として水拭きはかなり重要なポイントになってくるんです。

 

カビと床ダニ数がやばいぞ!

おなじみ、シックハウス症候群についての(研究)によると、空中カビ数とも集合住宅より戸建の方に多く、

さらに、築年数別で見ると床ダニ数は築 13 年以上の住宅において 10 匹以上と最も多い事がわかったんだ。

研究者も提唱しているのが、水拭き+掃除機で吸うやつ。

 

momoko
そういえば、学校で毎日夕方に掃除の時間があって、

床の水拭きを行ってたのはシックハウス対策の一環でもあったんだね。

masa
自動で電源を充電してくれるので、一度買ったら後は、拭きぞうきんを取り替えるだけ。

別にブラーバの社員じゃないけど、個人的に一押しアイテムです。

 

正直、一人暮らしの人なんかはキッチンにセットして使用すべきだと思う。

なにせ、空気中にはクーラーとか、暖房エアコンや扇風機をかけると、大量のダニが舞っているって結果が出てるんですな。

空気清浄機とか使用している人多いけど、正直もとの原因となる部屋の掃除をするのがもっとも効果的。

まぁ、当たり前なんですが。

水拭き30000円+ルンバ45000円でほぼ掃除は自動化できます。

多少高くても、いいやつを買ったほうが後々便利。(経験済み)

 

とはいえ、僕の家では床にカーペット敷いてあるので、使用は台所メインになりそう。

masa
まずは、ルンバから買うかな~

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です