イソフラボンは体調不良の原因になる食材!?

momoko
この前、大豆のBT毒の話を聞いてから、輸入された大豆をあまり食べなくなった。

でも、イソフラボンって結構体に良いって聞くよね。そこのあたりどうなのかな?

教えて、Masa!

masa
そうだね、イソフラボンは、安全性が高い食品化というと微妙だね。

というのも、研究者も安全性は確保されていないってところが事実なんだよ。

例えば、大豆イソフラボンを毎日100mg、半年食べても異常は無かったって言うけど、

実は、イソフラボンには副作用もある事が確認されていたりするんだ。(論文

究極のワンダフルライフによる良好な体調を目指すなら摂らないほうが良いって事前提で話すね。

 

イソフラボンは甲状腺ホルモンの低下を引き起こす

研究)によると、菜食に大豆製品を大量に摂取することは、甲状腺ホルモンの低下に繋がる事が明らかに。

大豆のメタノール抽出物が、甲状腺ホルモン合成に必須の甲状腺ペルオキシダーゼ(TPO)触媒反応を阻害してしまうんですな。これは動物実験でも明らかに。(研究2

結果、うつ病や倦怠感、デブの原因に繋がってしまう可能性があるので、積極的な摂取はおススメできません。

とはいえ、食物からのヨウ素の摂取量が十分であれば問題ないって論文もあるけどね。

momoko
そもそも、甲状腺って何なの?

 

そもそも、甲状腺って何なのよ?

甲状腺は主に、のどぼとけの下に位置して機能しているよ。

主にヨウ素を作り出して、血液中に分泌している。

要素がないと、脳機能は活動しなくなるし、心臓や胃腸の動きも鈍ってしまう。

エネルギー低下にも繋がってしまうんだ。

momoko
大豆のBT剤や遺伝子組み換え問題、さらには甲状腺低下機能があるのね。

大豆って結構、複雑な野菜に見えてきた・・・

でも、実際のところどれぐらいの摂取量までなら大丈夫なんだろう?

]

 

イソフラボンを摂取すると認知機能が低下するって研究

高齢者52から98歳を2つの農村地帯に分けて、都市部ジャカータで(調査)を実施したんですな。

記憶力のテストは単語学習試験を行って測定。大豆の消費量はアンケート項目を用いて評価。

その結果、大豆消費量に伴い、記憶力悪化が増加する事が判明。

てんぺを摂取している人に関しては、記憶力改善効果があったそうな。

さらに、65歳を超える女性の痴呆リスクを増加させるた。

momoko
え~、イソフラボンで脳機能が悪化するってビックリ!

 

イソフラボンは1日どれぐらい摂取したら良いかは分からないのが現状

今のところ、アジアの国々では、1日にイソフラボンを65g摂取している事が報告されている(研究)けど、

実際のところ、まだ分からないってのが実際のところ。

というのも、イソフラボンは熱に強い性質を持っていて、1日に38g摂取するだけで、

うつ病、脱力感、脳機能の低下、体重増加などが確認された実験もあるくらい。

momoko
えっ、38gってのは、豆乳1パック飲むと余裕で超えちゃうね。

食品安全委員会は1日上限を70g(正確には64g)と言っているけど、なるべく摂取は控えたほうが良いのは間違いないかと。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です