お金の最も正しい使い方、それは他人にお金を使う事!

momoko
お金って科学的に正しい使い方ってあるのかな?
masa
そうだね、他人の為にお金を使うと日々の充実度は上がる

 

マーケティング専門家マイケル・ノートン博士のプレゼン

今回のTED講義を担当しているいるのがハーバード大学ビジネススクールのマーケティング専門家マイケル・ノートン博士。

彼が研究しているのがお金の正しい使方でして、なんと他人の為に使うと良いそうだ。

 

そもそも、人間ってお金の事を考えると共感能力が下がるって話は有名でして、博士は宝くじが当たった例で説明しております。

  • もし当たったら、自分だけの小さな山を買って、そのてっぺんに小さな家を建てたい
  • お金をせがんできたり、奪い取ろうとした人には、写真のコピー以外何もあげない

 

momoko
この辺って、前にMasaが説明していた年収666万を超えると幸福度が下がるって話に通じるところがありそうだね。
masa
そうだね、前にも話したとおり、お金を持つと人は他人を見下し、人とかかわりを持たなくなってしまうんだ。

 

他人にお金を使うと幸福度が上がる実験

  • 姪っ子にぬいぐるみをプレゼントしたり、
  • ホームレスにお金を恵んだり、
  • スターバックスで友人におごってあげたり、

ここで面白い事実が判明したんだ。

他人にお金を使う際、使用した金額には関係なく、幸せになっていたという点。

つまり、僕達がプレゼントする際に、お金の金額の大きさはそれほど重要ではないという点。

せっかくだから、Momokoとここで他人にお金を使う方法を考えてみよう。

 

他人にお金を使う方法例

今私が思いつくのは、

  • 会うたびに友人にダイスキン似ノートをプレゼント
  • 読書好きな人に100円付箋を渡す
  • 飴玉を渡す
  • 読書会で話題になっている本
  • アプリを紹介する
  • 好きなサイトの購入リンクを通して商品を購入

こんなところでしょうか。

個人的に、よく見るサイトはそのサイトを通じて商品を購入したりってのはよくしてます。

貢献感が増えて、正しい使い方したぞって感覚が増えました。

masa
というわけで、皆さんも他人の為にお金を使ってみては、いかがでしょうか?

メリットしかないって、博士も提唱してくださっておりますので(科学者のお墨付でございます)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です